'."\n";?> パニック障害の原因と克服方法

パニック障害

パニック障害とは?

パニック障害とは、突然めまいや心悸亢進、呼吸困難といったような症状が、激しい不安とともに発作的に起こる病気です。
医師の診断を受けても身体的な問題は見つからないのが特徴です。

 

1960年ごろ、アメリカのクラインという医師が「不安・恐怖反応」という診断を下していた一群の患者にイミプラミンといううつ病の薬を投与したところ、10人中10人がパニック発作が解消するということが起こりました。

 

これをきっかけに、1980年に米国精神医学会の分類において、「パニック障害」という病気とその概念が公にされました。

 

この病気が起こる割合は、100人に一人といわれています。欧米の場合では男性一人に対して女性が二人以上の割合で発症するといわれています。日本においては発症の割合は男女ともほぼ同じくらいです。

 

発症年齢は男性では25歳から30歳くらいがピークとなっており、女性の場合は35歳前後の発症が最も多くなっています。
ここでは、パニック障害の仕組みやその種類、そして克服方法を見ていきましょう。



> 今までにない“首”に着目した画期的な治療方法とは


スポンサードリンク

私のパニック障害の原因と克服方法体験記